頭の上の蝿を追え

しがない某京大生が日常を綴る

武奈ヶ岳スノーハイク

大阪と京都を行き来する日々の私には、雪は縁のないものである。少年時代には、少しの積雪でも興奮して雪遊びに励んでいたものである。

しかし、京都と滋賀の県境、つまり比良山系に雪が積もり樹氷さえも見れることを知った。雪に対して憧憬の念を持つ私には行く以外の選択肢はなかった。以下の文は、去年の12月の出来事である。

今回登る山は、比良山系武奈ヶ岳。そんな標高の高い山ではなく1,000mほど。そんな手軽な山でも存分に雪景色が楽しめるのだから楽しみだ。

出町柳駅から麓の坊村までバスで約40分ほど。すでに坊村あたりから雪は僅かに積もっている。登山靴にアイゼンを装着し準備は万端。山に詳しい友達に先頭を率いて貰い徐々に高度を上げていく。

ある程度、標高が上がってくればすでに周りは樹氷の世界。

山頂に到着する。標高1200m。この日は天気がそんなによくなく周りを雪が吹きすさぶ。山頂で昼食なのだが、寒すぎて食べ物を食べる気力が起きない。確か−4℃ほどだった記憶がある。家から温かいお茶を入れてきたことが本当に助かった。身も心も温まるとはこのことをいうのである。

しかし、ご飯を食べていると徐々にあたりが開けてくる。武奈ヶ岳は、天気が良ければ琵琶湖を一望することができるのだ。

景色を堪能したらさっさと下る。そんな寒さに追われているときでもふと上を見上げれば、一面を樹氷が覆っている。こんなに雪を見たことがない私は素直に感動した。

下山していると雪が靴に入ってとても冷たい。帰宅してから靴を脱いで下に向けると両靴合わせて1リットル弱ほどの雪解け水が出てきた。それは冷たいはずである。もう「ただいま」の挨拶さえも言わず、大急ぎで風呂に向かった。この日ほど暖まる風呂はない。

あえての奄美大島

今から記述することは、2019年春のことである。

私は日本の南国へ行った。日本の南国といっても沖縄ではない。鹿児島県奄美大島である。

奄美大島へは格安航空券を使えば安く行ける。さらに沖縄と違っていいところは、人が少ないということである。まだ3月ということもあっただろうが、あまり観光客はいなかった。なのに沖縄と雰囲気はそこまで変わらない。奄美大島は超穴場スポットなのである。

 

奄美大島に降り立ちまず向かったのは、土盛海岸。まず海の色に感動する。こんな模範的な水色を見たのは初めてだった。

友達がシュノーケリングを持っていたので、貸して貰い奄美大島の海を覗いた。すると、海の中は一面のサンゴ礁。さらにそこで展開される鮮やかな熱帯魚の数々。熱帯魚がいるのは、ペットショップや水族館だけではなかったのだ。サンゴを踏まないように細心の注意を払いながら、スノーケリングを楽しんだ。

さすがに春はまだ水温が低く10分ほどで海を出た。でもそれでも満足である。

1日目は主に移動日で土盛海岸を見て奄美市街地の宿へ向かう。

2日目は奄美大島の原生林を巡るツアーが主役だった。奄美大島には金作原原生林という原生林が存在している。金作原原生林は南国というよりもはや熱帯雨林のようであった。といっても熱帯雨林を見たことはないのだが。

3日目。実質的に奄美大島最終日である。

まず朝起きて向かったのは、宮古崎ササント。宮古崎ササントはリュウキュウチクという笹が大量に生えている。ここは、大河ドラマ西郷どん」のオープニングロケ地としても有名で、ひたすら笹の原っぱを走り抜けるという貴重な体験ができる。

宮古崎ササントから帰る道の途中でオーストンオオアカゲラを見つけた。オーストンオオアカゲラはキツツキの仲間でドラミングをするため、音で存在がわかる。相当珍しい鳥だ。

次に向かったのは湯湾岳である。奄美大島で1番高い山で奄美の木々と海のコントラストがまた美しい。

次は「ハートロック」である。これは名前の通り、ハートの形をした岩に海水が入ることで見ることができるもの。干潮時にしかお目にかかることはできない。

最後に奄美大島の水族館にいるウミガメを紹介しよう。奄美大島の水族館にはウミガメがいて餌やり体験ができる。飼われた動物はげんきんなものでなかなか懐かないが、30分くらいずっとウミガメに接していた。

ウミガメが水の中を泳ぐ姿は非常に優雅である。自分もあれくらい気ままに生きることができれば、それ以上に幸せなことはない。残念なことながら、私は社会にくくりつけられることがほぼ100%確約されていて叶わぬ夢である。

最後に奄美大島水族館の側にある海岸から見える夕陽を載せて終わりとする。

奄美大島は人は少ないながら、美しくいい場所である。沖縄に行きたいけど、お金がない、人が多いところに行きたくない、という人はぜひ奄美大島に行ってみてほしい。関西空港からひとっ飛びで行けるから。

私の不注意言行録


f:id:meiseinaoki0305:20191019182511j:image

私はつくづく不注意な人間である。最近、そういった出来事が重なり自分という人間に嫌気がさしてきた。私は自分が好きで大事にしてきたが、自分の不注意さ、管理の杜撰さにはほとほと困らされている。

他人事みたいな言い方をしているが、他人事である。21年生きてきて私の脳内にある物やお金を管理する部門には未だ踏み込むことができていない。常々、自分が不注意であることを意識して動いているにも関わらず、注意力を司る部位はその警告に見向きもしない。反社会的勢力よりもたちが悪いのが私の注意力なのである。

私の不注意さが重ねてきた犯行の数々を振り返りたい。

1位:パスポート紛失事件

これは、今年の冬に起きた出来事である。関西国際空港で手荷物検査を受けた際、カゴにパスポートを入れておいたはずだった。私の荷物が機械から出てきていつもどおり整理していた。しかし、荷物の整理が終わってもパスポートが出てこないのである。30分くらい空港の係員を総動員して探した。すると荷物を置く場所と機械の狭間にパスポートを見つけた。なんでこんな場所に…と思ったが、これは私の不注意さがなした技である。飛行機の離陸3分前に見つかり、ホーム・アローンさながらの空港ダッシュをした。

2位:友人宅鍵紛失事件

これはつい2日前に起きたことである。私はバイト終わりに泊めてもらうために友人から鍵を預かっていたが、時間がなかったためそのままバイト先へ出向いた。仕事を終え、家に帰る用のズボンに履き替え定期入れに鍵を入れておいた。友人宅に戻り鍵を出そうとするも見つからない。社員さんに連絡をして、その時一緒にいたバイト先の子と社員さんと1時間ほど探し回った。私はバイト先から友人宅まで社員さんの車で移動したため、バイト先、車、車から家までの限られた区間にしかいなかった。翌日もバイト先の倉庫で探していたが、見つかる気配がなかった。結局、友人に連絡し友人の実家にあるスペアキーを複製することになった。迷惑をかけた人の数は多数である。

3位:淡路島遅刻事件

私は淡路島のとある教育プロジェクトに協力していた。その日は重要な会議が淡路島であり、私は朝が苦手なため徹夜して備えた。徹夜は成功、電車に乗り間に合うはずだった。しかし、私が時刻表案内で見ていたのは別の区間の電車。正直、こればかりは自分でも理解できない。結果、プロジェクトメンバーに迷惑をかけた。プロジェクトは今も定期的に実行されているみたいで致命的に信用を失ったわけではないが、理解できないという点でひどい遅刻の仕方である。

4位:ウフィツィ美術館チケット紛失事件

イタリアのフィレンツェという街にウフィツィ美術館がある。ルーブル美術館とも肩を並べるほどに歴史的名画が並ぶ美術館でチケット代も高い。 チケットは友達が手配してくれ、入館予定の10分前にチケットを渡してくれた。そしていざ入ろうという時である。チケットがないのである。確かにカード入れに入れたはずなのだが…。結局、別の友達がたまたま別行動をしていてチケットが余ったから入れたものの、あと少しでウフィツィ美術館に入れないところだった。

5位:「最後の晩餐」事件

これもヨーロッパで起きた出来事である。イタリアのミラノには、かの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた歴史的大作「最後の晩餐」がある。「最後の晩餐」は予約制で予約なしではなかなか見ることができない。そこで私が予約した。ミラノに着き、ぶらぶらしている時にふと「最後の晩餐」の予約確認表を見ると、その日が予約していた日だった。時間はとうに過ぎておりなんとか入れないか係の人に聞いたが例外は認められない。結局、目の前に「最後の晩餐」があるのにも関わらずそれを見ないでミラノを出た。このとき、ローマとフィレンツェで絵を見飽きていたので誰も不満を言うことがなかったが、ヨーロッパ旅行の序盤だと袋叩きにされていた。

6位:福岡空港飛行機遅刻事件

これは去年の免許合宿の帰りである。佐賀まで免許合宿に行っていたのだが、帰りに格安航空券で大阪まで帰ることにした。博多でお土産を見ていたのだが、ふと時計と予約表を突き合わせると30分前になっていた。大急ぎで空港まで向かうも間に合わず。結局、飛行機代7000円ほど損した。友達も同様の被害を被った。「俺が悪いから俺が払う」といっても「僕が任せた責任もある」といってくれた。つくづくいい友人に恵まれた。その日以降、その友達は別の子に「あいつにスケジュール管理はさせないほうがいい」と助言しているらしい。

後日談だが、友達はこの事件をきっかけにずっと別れたいと思っていた彼女と別れることが出来たらしい。友達も7000円損したはずなのになぜか感謝されている。

7位:分割払い延滞事件

私はカメラを分割払いで買った。本来ならば口座から自動で引き落とされるはずだったのだが、口座に入金するのを忘れていて引き落としがされなかった。会社から支払うよう催促の手紙が来ていたのだが、手紙をずっと放置し続け支払わなかった。ある日、親が溜まっている手紙を不審に思い開いて見てくれた。そのときに初めて自分が延滞していることに気付いた。大急ぎで支払った。分割払いはこれからクレジットカードを新しく作るときの審査にも関わる問題で今すでに信用がマイナスベースで始まっている。

 

インパクトの大きい事件はこんなものだが、他にも日頃から何かしらやらかしている。物事の大小に関わらず不注意さが出てしまうのである。子供の頃は親が守ってくれたから表面に出ることはなかったが、今は自分で管理しなければならないことが多くなった。

友達にADHDの特徴があるから、精神科医に行ったほうがいいよ、と真面目に言われたこともあるが、性格の問題である気がしなくもない。注意しているはずなのにこうなってしまうのは、確かに病気と疑われても仕方がないことかもしれない。

もし改善の仕方を知っている方がいれば、改善法を募集したい。

禁煙ファシズム

 

近年、煙草を取り巻く環境は日に日に悪くなっている。いや、非喫煙者にとっては日に日に望むべく世界になっている。これは喫煙者からしてもある意味嬉しい話だ。人に迷惑をかけて煙草を吸うのは忍びない。肺や気管支を汚して苦しんで死んでいくのは私たちだけでいいと思っている。

ところで日本と海外の喫煙事情は少し違う。日本は、吸えるところを指定していくスタイルであるのに対し、イタリアやドイツなどをはじめとするヨーロッパ諸国は吸えないところを指定し、それ以外の場所では吸えるようになっている。今年、イタリアとスペインに行ったのだが、石畳の道路のありとあらゆる隙間に吸い殻が挟まっていた。

一方で日本の煙草代は高くても550円程度だが、おおよそ海外では800円弱で徐々に金持ちの嗜好品のごとき様相を呈している。

このようにどこに行っても喫煙者は何かしら厳しい状態に置かれているのだが、近頃、そうした喫煙者に対して「行きすぎた」言説が見られるのも確かだ。

「煙草吸うやつは死ね」、「喫煙所でも煙草を吸ってほしくない」など。

確かに煙草は臭いが嫌いな人の多いことだと思う。だが、マナーを守り極力人に迷惑をかけないように吸っている喫煙者に文句を言うのはお門違いである。国や自治体が定めた法律に従っているだけである。「喫煙所の横を通るときに臭いから」というのであれば、喫煙所の横を通らなければいい。そこしか道がないわけでもあるまい。「どうして喫煙者にそこまで配慮しなければならないのか」という人もいるかもしれないが、喫煙も1つの趣味であって他人が迫害していいものでもない。「喫煙所を無くせ」ならまだわかるが、配置の悪い喫煙所に対して喫煙者に怒るのは全くもって理解できない。

喫煙者は、喫煙が体に悪いというと、お金の無駄であることは百も承知している。しかし、喫煙も1つの趣味に過ぎないということは忘れてはならない。お酒も煙草も何も変わらない。

喫煙だって悪いところばかりではない。

例えば、仕事をする中で喫煙は有効なコミュニケーションツールになりうる。上司が喫煙者なら、煙草休憩も上司と中を深める時間だ。また自分の好きな煙草を吸いながら、1日の終わりに1日起きたことを振り返る時間は至高の時間である。

私はパーラメントという煙草を吸うのであるが、パーラメントは非常に上品な味である。がつんと煙草感が来るでもなく味がきついわけでもない。すべてがマイルドなバランスとなっている。煙も臭くない。パーラメントの味には紅茶と合わせて飲むのがいい。喫茶店で紅茶を飲みながら、パーラメントを吸っているとき、幸福に満たされリラックスしている。
f:id:meiseinaoki0305:20191019123431j:image

煙草を見直す時が来るわけがないだろうし、これから禁煙ムードは追い打ちを掛けて来ると思うが、非喫煙者にもマナーは守ってほしいものである。煙草を吸っていないくらいで偉そうな顔できる人種は幸せ者である。それでプライドが維持できるならすればいいが、心の中で留めておいてほしい。

のりくらいむ 2日目

のりくらいむ2日目。いよいよ乗鞍岳にアタックする。

上高地からほおのき平駐車場まで移動し、そこで自転車を組み立てて備える。

実は乗鞍岳には苦い思い出がある。去年の秋に乗鞍岳にアタックする前、国道最高地点である渋峠を登った。その帰りに、吹き溜まりに車輪がとられ盛大にコケた。その時、私はなんともなかったが、自転車のフロントフォークが折れ乗鞍岳にアタックできなかったのだ。

私の自転車のフォークにはカーボンが使われ、よほどの衝撃がないと折れることはない。自転車屋曰く、「あなたの体が無傷ということは、すべての衝撃を自転車がカバーしてくれたんでしょうね。」とのことらしい。自転車が私をかばってくれなければ、今こうして元気に自転車に乗れていなかったかもしれない。自転車には本当に感謝している。

閑話休題

乗鞍岳を登っていこう。乗鞍岳は標高2700m地点まで自転車で登れる。車両が到達できる日本最高地点だ。ある程度まで登って後ろを振り返ると、景色がすでに綺麗。

春はまだ乗鞍岳に雪が残っている。森林限界を超え、草地しかない場所に雪があり道路もある光景は、道路好きにはたまらない光景だ。

乗鞍岳に着いた。駐車場から20km/1400mのアップ。
f:id:meiseinaoki0305:20191014154341j:image

畳平にある有名な池。

畳平の散策を程々に終え、乗鞍岳の山頂である剣ヶ峰に向かう。山頂までの道はまだまだ雪が残っているので、登山靴に軽アイゼンをはめる。

このような細い道を時折はさみながら歩きすすめる。山頂まではそんなに経験者じゃなくとも登れるのだが、道が細かったり踏み固められたりしていて少し怖かった。

山頂に到着。北アルプスの山々を一望する。乗鞍岳は標高3026m。手軽に登れる3000m級の山だ。

 

 

 

のりくらいむ 1日目

「のりくらいむ」。

スポーツバイクに乗ったことのない人からすれば、聞き慣れない言葉だと思う。これは「乗鞍岳」と「ヒルクライム」を掛け合わせた言葉である。意味はそのままである。乗鞍岳を自転車で登る。

今回はサークル活動で訪れたノリクライムを紹介していこうと思う。

京都から乗鞍岳までは少し遠いので2日にわけて乗鞍岳まで向かった。1日目は乗鞍スカイラインの麓にある上高地に訪れた。

上高地は高原リゾート地で手軽にアルプスの山並みを見ることができる場所として有名だ。上高地まで向かう道はマイカー規制されており、バスを乗り継いで行かなければならない。長野県や岐阜県の自然を守ろうとする姿勢は大好きである。車がない方が静かで大自然を満喫できる。

上高地には散策路が整備されており軽いハイキングを楽しむことができる。

これは上高地を象徴する河童橋。ここらはアルプスを水源とする梓川が流れている。綺麗な雪解け水が流れており水は非常に冷たい。

梓川下流奈良井川信濃川と合流し日本海側に流れ込む。

上高地には野生のニホンザルが住んでおり、散策路を歩いていると時折サルの群れに遭遇する。今年は春に上高地に訪れたため、子育てをしているサルの群れが多かった。サルが集まる場所には、コザルが木で遊んでおりその姿がとても可愛らしかった。

ニホンザルが野草の茎を食べていた。ポリポリと音を立てながら食べており、人は食べれないかもしれないが美味しそうであった。

上高地ニホンザルは、あまり人に慣れておらず人が何もしない限り襲われたりすることはない。野生のクマもそうだが、無闇にエサをあげないことが大事である。

最後に上高地で撮れた星空。キャンプ場で撮ったのだが、キャンプ場や近隣ホテルの光が漏れそんなに綺麗には映らなかった。

東北チャリ 其の8

東北での長旅も今日が最終日である。

朝のうちに日本三景の一つ松島を見に行った。非常に静かな朝で、沿岸部からは小さな島々のシルエットが見えるにすぎない。遊覧船を使いシルエットに近づくことができれば、もっと迫力のある景色だったことだろう。

松島を見終え朝食を食べに向かう。朝食は塩竃卸売市場で取る予定だ。塩竃の市場には飲食店も入っており、採れたての魚介を頂くことができる。地元の方曰く、塩竃の市場ができたばかりの頃は東洋一の市場だったらしい。規模は違えど、市場は町の人々の誇りなのだろう。

朝食は珍しいものを見つけたのでそれにした。穴子の刺し身丼である。穴子はうなぎと同様、加熱しないと食べれないため、生で食べれるのは相当珍しい。店の方が血抜きなどの処理をやってくださるから食べることができる。

穴子の刺し身は弾力があり、味はタイに似ている。とても美味しかった。

松島湾はカキの養殖で有名だが、穴子もよく泳いでいるらしい。

別の店舗では、生ガキをご馳走になった。店の方の好意である。本当にありがたい限りだ。

松島のカキは、殻にパンパンに身が詰まっている。そしてお腹の方を食べると、とろけるようなクリーミーな口溶けで甘い。ひだひだのところを食べると口の中に磯の香りが広がる。人生初の生ガキが松島のカキだと、今後の生ガキのハードルがあがってしまいそうである。

塩竈を出て多賀城跡まで行った。東北がかつてヤマト王権支配下ではなく蝦夷が支配していた頃、王権の最前線かつ東北一帯の支配拠点として多賀城を作った。そのため国衙機能も担っており倉庫群の跡もある。

多賀城を出ると仙台まではすぐだ。昼食はもちろん牛タン。分厚く切られた牛タンは、柔らかくそしてどこかバターのような風味のある旨みがあり美味しい。

仙台といえば伊達政宗であろう。昼食後、伊達政宗が君臨した仙台城まで行く。

仙台城の跡地には伊達政宗公の騎馬像が立っていた。

仙台の地を発展させ東北の最大都市となる礎を築いた伊達政宗は、死後もなお仙台の行く末をずっと見守っていた。